HOME

【ミシュランシェフによるトルコ食材の夕べ】に参加してきました!Part2

今トルコ食材が熱い!!

という事で、

「ミシュランシェフによるトルコ食材の夕べ」のレポート第二弾です!

 

別件があった神成は、

残念ながら村田シェフによる調理デモには間に合わなかったのですが…。

村田シェフご考案のメニューを二品味わうことが出来ました!!!

 

まずはこちら!

『焼鯛の飯蒸し』

 

※写真を取り損ねてしまったので、画像は日経BP様のサイトより拝借しています。

 

こちらのお料理では、トルコ産ブルグルを野菜ジュースで煮て使用していました。

和食の「飯蒸し」をアレンジしたメニューで、

煮あがったブルグルにローストしたヘーゼルナッツと焼いた鯛の身を乗せ蒸しています。

そこに、木の芽の代わりに乾燥ミントを入れ餡をかければ完成!!

 

この餡が野菜ジュースで煮たブルグルに絶妙にマッチしています!!

プチプチしたブルグルの食感も楽しい一品です。

 

そして、二品目はこちら!

『焼目鶏と焼目大根の田舎煮』

 

※こちらも日経BP様のサイトより画像を拝借!

 

トルトコ産のレンズ豆と蕎麦の実、

焼き目をつけた地鶏と大根を薄口のダシで炊いた田舎煮です。

 

ダシの香りと香ばしい地鶏と大根、

そしてトルコの食材たちが絶妙マッチ!!

ふわっと香る柚子こしょうがこれまた秀逸!!

 

非常に和食らしい一品で、

トルコ食材の新たな可能性を感じました。

 

ミシュランシェフご考案のお料理をいただけただけではなく、イベントの帰り際には立派なお土産までいただいちゃいました。

 

パッケージから豪華で、ドキドキしなが開封です。

 

パカっ!!

 

さらにパカっ!!!

 

オリーブオイルに、ドライフルーツ、ハーブ、ドライトマト、

そしてブルグルなどトルコ食材盛り沢山な内容でした!

 

これまでなら“トルコ食材”と聞くと、

なんだか難しいそうと、嫌煙してしまったかもしれませんが…。

 

イベントに参加させていただき、

トルコ食材は扱いやすい物が多く、

普段の食事に取り入れやすいことを知れたので、

お土産でいただいた食材も有効に活用させていただきたと思いました!!

 

近いうちにレシピアップもしていければと考えていますので、

お楽しみに~☆

 

 

Written by 神成 マサヨ