HOME

ホットサンドメーカー 山善(YHS-W700)

こんにちは。MAMICOです。

 

オフィスランチで作ったホットサンド、

前回の記事にも書きましたが、

スタッフの家に眠っていた、山善さんのホットサンドメーカーを使用してます。

 

山善(YAMAZEN) ホットサンドメーカー YHS-W700(W) ホワイト

 

眠ってしまった原因を知るのには、使ってみるのが一番!

 

隣から、

「炭水化物×炭水化物の美味しいホットサンドが食べたい♪」

と聞こえてきましたので、

”焼うどんのホットサンド”に挑戦してみました。

 

 

ホットサンドは耳付きの方がボリューム感も見た目も好きなので、

耳付き8枚切り食パンで、

らん♪らん♪と作っておりました。

 

が、

 

耳付き食パンが乗りません。

 

この山善さんのホットサンドメーカー、

予熱までは順調。

ランプでお知らせしてくれます。

 

でも食パンを乗せてみると、

耳がはみ出る。

 

はみ出すぎ。。。

 

サンドイッチ用パン専用なんでしょうか?

 

気合で無理やり乗せて、2人がかりで蓋をしてみました。

 

はみ出ています(>_<)

 

そして、説明書を見ても、焼き上がりがわからない・・・。

 

「4~5分でお好みの色になったら出来上がり」

と、書いてあっただけ。

 

途中で空けなきゃいけないのかぁ。

 

せめて、

タイマーが付いてたり、

ランプの色が点滅するとか、

何か目安があった方が使いやすいです。

 

そこまで低価格ではないのだから、なんらかの配慮があった方がうれしいです。

 

仕方がないので、5分して空けてみると、

こんな感じ。

 

忘れていたら、焼きすぎになります。

 

 

無理やり蓋をしたので、耳の部分がいびつです(>_<)

 

耳付き食パンと、サンドイッチ用の耳なし食パンどちらにも対応するホットサンドメーカーだと、

とっても良いのになぁと思います。

 

 

そしてチーズ系のものやワッフルを作ると、

 

チーズがとろぉ~り、ワッフル記事がとろぉ~り、

本体に流れ出るので、後片付けが大変でした。

 

プレートは外れるので洗いやすいのですが、

本体は電化製品だから、水でバチャバチャ洗うわけにもいかず。。。

 

蓋とのつなぎ目の部分は、楊枝を使用して、

一生懸命汚れを取りました。面倒くさかったです。

 

チーズや記事が流れ出るのは仕方ないとして、

つなぎ目部分の洗浄をしやすい構造になっていてほしいです。

 

 

うーん。

スタッフの家で眠ってしまったのは、この洗浄が一番の原因みたいです。。。

 

やっぱり、使い勝手の良さと洗浄のしやすさは重要です。

 

ステキなホットサンド器、見つけてみよー。

 

 

 

で、お味の方は、

急いで作った為に、

焼うどんにかつおぶしと青のりを入れるのを忘れてしまいました(ToT)

 

焼うどんホットサンドの美味しい完成レシピは、もう少し研究します。。。